耳鳴りの原因

病的な耳鳴りの原因と改善に向けて行うこと

耳鳴りは、多くの方が経験したことがあるのではないでしょうか。

耳鳴りは、生理的な耳鳴りと病的な耳鳴り、そして他覚的な耳鳴りの3つの種類に大きく分けることができます。

 

生理的な耳鳴りは、心配するものではありません。

他覚的な耳鳴りは、本人はもちろんですが、他の人にも聞こえるもので、聴覚の問題ではなく、耳の周囲の異常によるものです。

 

そして3つ目は病的な耳鳴りです。

病的な耳鳴りとは、メニエール病や風邪などウィルス感染によるもの、肩凝りなど生活習慣から起こるものなど他にも挙げられます。

ここでは、病的な耳鳴りについて詳しく取り上げていきます。

 

病的な耳鳴りの症状

病的な耳鳴りの症状として代表的なものは、頭痛や嘔吐、耳鳴りは片耳や両耳に断続的または継続的に鳴ります。

 

耳鳴りのみの場合と、頭痛や嘔吐を伴う場合など、症状の現れ方は個人差があります。

 

病的な耳鳴りの原因

病的な耳鳴りの原因は、いくつかあります。

 

1つ目は感音性難聴やメニエール病などによって耳鳴りが起こります。

内耳の炎症や損傷、腫れやリンパ液などが滞留することによって起こると考えられています。

 

2つ目は鼻炎や風邪ウィルスなどで耳管に炎症が起こり閉塞することで通気が悪くなり外気との気圧差が生じるので、鼓膜に圧力がかかり耳鳴りがしたり、閉塞感を感じたりします。

 

3つ目は頸椎の歪みやムチウチ、頸椎の圧迫、頸部や肩凝りなどにより耳鳴りが起こることもあります。

 

4つ目は脳動脈硬化や動脈瘤などによって耳鳴りが引き起こされます。

 

5つ目は不安やストレスなど、精神症状により耳鳴りは起こります。

 

6つ目は長時間に渡って、騒音にさらされた場合など、騒音状態から通常の状態もしくは静かな状態に戻ると耳鳴りを強く感じることがあります。

この場合、通常であれば、耳管の経過とともに耳鳴りも消失しますが、数時間も続く場合や数日間経過しても改善されない場合は、この耳鳴りを音響外傷と呼びます。

 

病的な耳鳴りの改善に向けて行うこと

病的な耳鳴りの原因がわかると、改善に向けて行うべきこともわかってきます。

 

1つ目の感音性難聴やメニエール病など中耳から内耳に異常がある場合は、遠赤外線で頸部と耳周辺を温めます。

内耳の血流が改善され、内耳の損傷や炎症が改善されます。

腫れや水の滞留等も改善され、耳鳴りも改善していくと考えられます。

 

2つ目の鼻炎や風邪ウィルスなどで耳管に炎症が起こり閉塞する中耳管の不良によるものは、鼻の改善を優先的に治療をすることで、耳鳴りも解消されることでしょう。

 

3つ目の頸椎の歪みやムチウチ、頸椎の圧迫、頸部や肩凝りなどによるものは、袁世凱船を頸部に照射し、頸椎周りの血流を改善させ、筋肉の硬直や疲労を緩和させることで、頸椎の異常を改善させていきます。

この治療法を継続的に受けることで、耳鳴りも改善していくと期待できます。

 

4つ目の脳動脈硬化や動脈瘤などは、緊急性が高いと医師が判断した場合は手術を行うことがあります。

緊急性がない場合や外科手術の適用外の場合は、遠赤外線療法を行います。

自然治癒力の強化に努め、改善が得られるよう治療を進めていきます。

このことで、耳鳴りも改善されていくことが期待されます。

 

5つ目の不安やストレスによる場合は、遠赤外線療法や神経症、自律神経失調症を改善していきます。

 

6つ目の音響外傷によるものの場合は、遠赤外線で中耳の血流を改善させ、神経の回復を促進させます。

 

このように、病的な耳鳴りの場合、それぞれ治療法が異なります。

耳鳴りが続く場合や気になる場合は、そのまま放置しないで受診し、適切な治療を受けることが耳鳴りの早期改善にもつながります。

増加しているヘッドホン難聴と耳鳴り

ヘッドホン難聴とは

耳鳴りに悩んでいる人は多くいることと思います。

年代により異なりますが、およそ10人に2人以上の割合で悩んでいると言われています。

 

ヘッドホン難聴とは、ヘッドホンを使うことによって難聴になるというわけではありません。

ヘッドホンで大きな音を聞き続けることによって難聴になることを指します。

 

ヘッドホンは、周りを気にしないで音を聴くことができるので、意識していないと、どうしても大きな音を出してしまいがちです。

大きな音を聴き続けていることによって難聴になってしまうことがあります。

 

これはヘッドホンだけでなく、イヤホンでも同様のことが起こります。

 

ヘッドホンやイヤホンを使う時は、節度を持った使い方をするとヘッドホン難聴になることを防げます。

 

騒音性難聴

難聴は、急性なものばかりではありません。

大きな音を持続的に聞き続けることで難聴になることがあります。

 

この難聴は仕事が原因の場合は、職業性難聴と言いますが、仕事が原因でない場合は騒音性難聴と言われます。

 

どちらも症状は同じで、ヘッドホン難聴も同じです。

 

騒音性難聴の原因

大きな音を長時間聞いていると、有毛細胞がダメ―ジを受けて、難聴になっていきます。

 

有毛細胞は完全に破壊されてしまってからは、再生が不可能ですが、ダメージを少し受けたくらいであれば、回復します。

大きな音を聞いてしまった場合、静かな場所で過ごすことで耳は回復するので、そのような環境をつくることが必要になります。

 

騒音性難聴の対策

騒音性難聴や職業性難聴、そしてヘッドホン難聴にならないための対策を紹介します。

 

やむを得ず大きな音を聞いた時は、その後に静かな場所や環境を作り静かに過ごすことや、耳栓やイヤーマフなどの防音器具を使う、ヘッドホンを使っている時、周りに迷惑がかからないからという理由から音量を必要以上多くしないことなどに気を付けてください。

 

では、以下詳細です。

 

騒音性難聴を防ぐために

騒音性難聴にならないために、できることは、大きな音を聞いた後は静かな場所や環境をつくって、そこで過ごすことです。

大きな音を聞いたら、静かに過ごすことで耳の回復を待ちます。

大きな音を聞いて、有毛細胞がダメージを受けている可能性があるので、再生させなくてはなりません。

 

職業性難聴を防ぐために

仕事上、大きな音を聞き続けてしまう場合は、少しずつ有毛細胞がダメージを受けて難聴になってしまうので、それを避けなくてはなりません。

 

仕事をするときは、耳栓やイヤーマフなどの防音器具を使うようにしましょう。

 

ヘッドホン難聴を防ぐために

ヘッドホンは、趣味の音楽などを聴くことが多いでしょうか。

周りには聞こえないので、つい音量を大きくしてしまいがちかもしれませんが、なるべく音量は小さくしましょう。

無意識のうちに大きな音を聞き続けて気付いたら難聴になっていたということにならないように、普段からの心掛けが大切です。

 

音響障害による難聴からの耳鳴り

このように、原因は様々かもしれませんが大きな音を聞き続けることによって難聴になった場合、軽度の場合は耳鳴りや閉塞感を自覚するでしょう。

 

大きな音を聞き続けない、もしくは防音器具などを使うなど予防が大切になりますが、もし大きな音を聞いてから聞こえが悪くなったり、耳鳴りが起こるようになった時などは、すぐに耳鼻咽喉科を受診してください。

 

早期に治療を受けたり、対策をとることで難聴の回復が期待でき、耳鳴りも改善されると考えられるからです。

耳鳴りは難聴のサイン!耳鳴りだと思ったら耳鼻咽喉科や内科に受診しよう

耳鳴りを経験したことはあるでしょうか。

 

キーンという高温やザァーという騒音のような音低い音など、他にも耳鳴りの音があり、どれも不快なものです。

この耳鳴りですが、一時的な場合もありますが、なんらかの病気が原因となって耳鳴りが起こることも少なくありません。

むしろ、耳鳴りが起こり長引く場合や頻繁に起こる場合は、なんらかの耳の病気を疑った方がいいと言っても過言ではありません。

 

耳鳴りは、大切なサインと捉え、耳鼻咽喉科や内科などを受診するようにしてください。

続きを読む

耳鳴りの原因は不明!?考えられる耳鳴りの発生原因

耳鳴りに悩む方は少なくないと思います。

日本人で耳鳴りに悩む方の有症率は、40代~60代は20%前後、70代で25%以上です。

40代~60代では10人に2人、70代では10人に2.5人が耳鳴りに悩まされているということになります。

辛い耳鳴りの原因とは、どのようなものなのでしょうか。

 

耳鳴りの原因について、医学的には不明とされていますが、実際は色々な原因が考えられます。

耳鳴りの原因は、心と体の両方から発症すると言われています。

 

耳鳴りはどうしてなるの?

耳鳴りの原因は、大きく3つが原因として考えられます。

1つは、耳の病気、1つは、身体的な習慣、そしてもう1つは、精神的ストレスです。

 

これらは、耳鳴りが発症した原因と、その症状が長引く原因についてです。

 

これらの他に、原因は不明ですが一時的なものもあります。

 

耳の病気が原因

耳鳴りは、突然耳鳴りという病気にかかることもありえますが、耳の病気が原因で耳鳴りになることがあります。

 

具体的に病名を挙げますと、中耳炎や外字炎、鼓膜炎といった耳の美容器と共に耳鳴りが発生することがあります。

この他に、耳硬化症や外リンパろう、耳管開放症などから耳鳴りが発生することもあると言われています。

 

このように、耳の病気が原因で耳鳴りが発生した場合は、それらの耳の病気を治療し治すことで、耳鳴りも治ると考えられます。

 

身体的な習慣が原因

耳鳴りの原因として考えられることの1つに、耳の病気を挙げましたが、生活習慣が影響して耳鳴りが発生することも考えられます。

 

例えば、肩凝りや首の凝り、顎の違和感や、体の歪みなどから耳鳴りが発生すると考えられるのです。

この他にも、越し脚など、全身のあらゆるところの緊張状態が耳鳴りを発生させる原因と言われているのです。

 

この場合は、やはり耳の病気で耳鳴りが発生するのと同様で、肩凝りや首の凝りなど、耳鳴りが発生する原因がわかれば、それを治すことで耳鳴りも起こらなくなるはずです。

体の歪みを整えることが大切になります。

 

精神的ストレスが原因

耳鳴りの原因として、耳の病気、習慣的なものの他に、精神的ストレスも考えられます。

これは、外からの情報を取り入れないようにする自己防衛の機能を働かせる場合と考えられます。

 

周りの人の声や雑音などを聞きたくないなどという心理的な影響が耳にも及ぶということです。

 

人は毎日仕事や生活全般や会話などの中でストレスを感じていることがあります。

それらをシャットダウンするよう事故防衛として機能を働かせる場合、そういったストレス状態がピークに達した時に、不快な音として耳鳴りが発生します。

 

このように、耳鳴りは、耳の病気や習慣的なもの、そしてストレスなど様々な原因がきっかけで発症します。

これらは耳鳴りの主な原因と言われていますが、この他にも、大きな音を聞いたことで難聴となり、それが原因で耳鳴りが起こることがありますし、更年期の症状の1つとして耳鳴りが起こることもあります。

心配のいらない一過性の耳鳴りなどもあります。

 

耳鳴りが発症した原因がわかると、その原因を治すことで耳鳴りも治るはずです。

 

耳鳴りに気付いたら早期に受診を

耳鳴りは、長引かせると更に悪いことへとつながることもあります。

早期に受診することで、原因を追究し治療をすることも大切ですし、特に病気などがない場合は耳鳴りの治療をすることをお勧めします。

耳鳴りは、放置することで慢性化してしまうことがあるからです。

 

耳鳴りを長引かせることで、つながる悪いこととは慢性化してしまうことです。

慢性化した耳鳴りは、改善させることが困難になります。

早期に治療を受けることで、短期間で改善できるかもしれません。

 

耳鳴りが、気になり始めたらすぐに原因を追究し、受診や治療、そしてストレス発散なども心掛けてください。

耳鳴りと難聴には深い関係がある!補聴器の使用が重要

耳鳴りは、耳の病気やストレスなど精神的なもの、自律神経や一過性のものなど、様々なことから起こります。

 

しかし、耳鳴りは難聴から起こることがとても多く、耳鳴りが気になる時は難聴の予兆かもしれないと言っても過言ではない場合もあります。

続きを読む

噛み合わせの悪さから耳鳴りが発生することも!

噛み合わせと耳鳴りの関係

耳鳴りは、様々な原因から起こります。

耳の病気、ストレスなど精神的なもの、騒音の中にいた後の音響によるものなどです。

さて、一般的な耳鳴りとは少し異なりますが、どなたでも今後生じるかもしれない耳鳴りについて紹介します。

 

それは、噛み合わせによるものです。

 

医師の診断では治らないと言われた耳鳴りも、生活の中で少しの工夫で耳鳴りは改善できるかもしれない、噛み合わせの悪さによる耳鳴りについてです。

続きを読む