異常ではない耳鳴りと病気から起こる耳鳴り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

耳鳴りの全てが異常ではない

キーンという音やジーという音など、他にも色々な音がありますが、耳鳴りを経験したことがある方が多いと思います。

 

この耳鳴りは、突然、音が聞こえてきますが、その多くは数秒で消えていくというものです。

 

耳鳴りが何故起こるのか、医学的には原因がわかっていません。

しかし、人間の生理的な働きの1つとして、なんらかのバランスを取っている表れが、このような耳鳴りの音として一時的に感じさせているのだという説もあります。

 

ですから、一時的なものであれば耳鳴りは異常ではありません。

原因がわかっていないので、断言はできませんが、一時的に起こる程度で気にならない範囲のものでしたら、病気を疑う心配も少ないと言えると思います。

診断は医師が行うものです。

自分が、気にならないから病気ではないと決めることはできません。

ただ多くの場合は心配がないということです。

慢性的な耳鳴りは病気が原因かも

一時的に起こる耳鳴りは、多くの方が経験されていると思われますし、病気の疑いは低いと考えられます。

しかし、耳の閉塞感が起こり、その後に耳鳴りがするようになったという場合や、それまでは気にならなかったものの、最近になって耳鳴りの音が強く感じられるようになった、また風邪や中耳炎の後から耳鳴りが始まったり、いつから耳鳴りがしていたかわからないけれど、気付いたら、長い期間鳴っていたなど、このような耳鳴りには注意が必要な場合があます。

 

耳鳴りの音と病気のつながり

耳鳴りは、キーンという高い音やジーという低い音、他にもピーという電子音のような音など、様々な種類の音があります。

 

この音により、病気のつながりがわかるような一説もありますが、これもはっきりしたことは、わかっていません。

 

キーンという高い音は○○病であり、ジーという低い音は△△病というように言われることもあるようですが、これは実は、わかっていないことなのです。

そもそも、音の聞こえ方というのは個人差があり、キーンという音も低くなるとボーンと聞こえるようになったり、ジーという音が高くなるとチーに感じることもありますし、ピーという電子音のような音が低くなるとポーという聞こえ方になることもあるからです。

 

病気の診断を受けることから

耳鳴りの音により病気がわかることもあると言われてもいますが、それは確かではありません。

しかし、耳鳴りからの判断の他に受診して検査をすることで、耳の病気はわかると思いますので、耳鳴りの音からだけでなく、耳鼻咽喉科などを受診することで耳の病気があるのか、それが耳鳴りと関係しているのか、耳の病気の治療法なども医師から話が聞けることでしょう。

 

耳鳴りも気になるところですが、もし耳の病気がある場合は、その病気の治療を受けることで耳鳴りも改善されるかもしれませんし、治療を受けないでそのまま放置することで治らなくなってしまう場合もあります。

耳の病気が治らないと、それに伴い耳鳴りも治らなくなってしまうかもしれません。

そのような事態を防ぐためにも、耳鳴りがすぐ消えないで、続く場合や気になる場合は早めに受診するようにしてください。

 

耳鳴りは自分でもケアができる

耳の病気から耳鳴りが起こる場合は、その病気を治すことで耳鳴りも改善されることが期待できますが、耳の病気は関係なく耳鳴りが起こることもあります。

 

そのような場合は、自律神経を整えることや、ツボ押しなどでも改善されることがあります。

何事も、まずは規則正しい生活を送ることが大切になります。

ストレスも溜めこみ過ぎないように、解消させるようにしましょう。

 

耳鳴りは耳鼻咽喉科での治療だけでなく、カウンセリングなどの方法もあります。

自分合う方法で、耳鳴りが少しでも改善されますように。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る