改善・治療法

自分でできる耳鳴りの対処法とは!?耳鳴りは自分で対応可能

不快な耳鳴りで、お悩みの方は少なくないことと思います。

 

ある調べによりますと、日本人の10人に2.5人が耳鳴りで悩んでいるということなので、実際は、これよりも多くの方が耳鳴りを経験し悩んでいるかもしれません。

 

耳鳴りは、様々な病気から起こることがあるので、単なる耳鳴りと思わず、病気などを疑って受診することをお勧めします。

早期発見と早期治療で、それらの耳の病気は快方に向かうことでしょう。

しかし耳鳴りの原因となっている耳の病気が治っても、後遺症として耳鳴りがしばらく残ることがあります。

 

耳鳴りが起こったら、まずは受診し病気が見つかりましたら治療をすることをお勧めしますが、治療も終わり改善されたにも関わらず後遺症で耳鳴りが残った場合は、しばらくの間、耳鳴りと上手に付き合ってきくことが必要になります。

 

不快な耳鳴りも、いくつかの対処法を行うことで、耳鳴りが改善もしくは解消されることがあります。

続きを読む

耳鳴り再訓練療法とは

耳鳴りの経験がある人は少なくないことでしょう。

一過性でも不快な耳鳴りですが、長時間あるいは長期間に渡って起こり続けたら不快が続き、なんとか治したいと思われるのではないでしょうか。

 

耳鳴りの原因は、なんらかの病気から起こる場合や、難聴を伴うもの、ストレスなど様々です。

 

病気が原因の耳鳴りは、病気を治すことで耳鳴りも解消されると考えられていますが、耳鳴りだけがしばらく残ることもありますし、病気が原因ではない耳鳴りや難聴からの耳鳴りなどもあります。

 

これらの耳鳴りの治療法として、心理療法や音響療法、耳鳴り再訓練慮法、薬物療法などがあります。

続きを読む

耳鳴りを市販薬で改善

耳鳴りは、なんらかの病気が原因で起こる場合と、一過性の心配のないもの、特に原因はないものの年齢を増すごとに症状が現れるなど、様々なケースがあります。

 

耳鳴りは不快なものですが、耳鼻咽喉科を受診しても、特に病気もなく治療はしないという場合もあります。

耳鳴りは一過性のもので、すぐに消失するものは心配ありせんが、一度悪くなってしまった耳鳴りは治りにくいとも言われているので、耳鳴りが長時間続く場合や、頻繁に起こる場合は、まず受診すると安心です。

そこで医師から心配ないものと言われれば自分でも様子見となりますし、病気が見つかれば、早期発見できたのですから、治癒も早く耳鳴りの改善も期待できます。

 

耳鼻咽喉科などを受診しても、治らないと言われることも少なくないようです。

しかし少しでも症状を和らげるために薬を処方する医師もあるようです。

 

医師が処方した薬で改善されれば、また受診して処方してもらうという方法もありますが、その薬で治るものかもわからず、薬を処方するのみという病院もあるようなので、耳鳴りの市販薬を使うという方法も1つとして考えて良いと思います。

続きを読む

耳鳴りは早期発見と早期治療が大切

耳鳴りは、様々な耳の病気が原因で発生することが多くあります。

ですから、耳鳴りを改善または治す、解消するためには、耳の病気を治すことが大切になります。

 

耳の病気もまた早期発見と早期治療が大切になります。

そのためにも、耳鳴りや耳の病気を早期発見するために大切になるポイントを3つ紹介します。

1つは耳鳴りが続く時間、2つ目は片耳だけ耳鳴りがする、3つ目は難聴やめまいを伴う場合についてです。

 

これらが当てはまる場合は、早めに耳鼻咽喉科を受診してください。

 

耳鳴りが半日以上続き治まらない場合は病気の可能性あり

耳鳴りは、日中など周りで音がしている時は、あまり気にならないものです。

夜や静かな場所で気になり不快になることが多いものですが、半日以上もずっと続き治まらず気になるような場合は、メニエール病であることも考えられます。

 

メニエール病は、半日以上耳鳴りが続く他にも、めまいなどの症状も現れることがありますが、耳鳴りだけの症状が続く場合もメニエール病であることも疑われます。

 

片耳だけ耳鳴りがする

耳鳴りは、両方の耳で発生するとは限りません。

その耳鳴りの原因により、両方の耳で発生する場合と片耳だけ発生する場合があります。

 

片方の耳から、もう片方の耳へと耳鳴りが起こったり、頭の真ん中から両方の耳に音が流れるような症状が多いと言われていますが、片耳だけで耳鳴りが起こることも少なくありません。

 

片耳だけで耳鳴りがする場合、ストレスやメニエール病、突発性難聴などが原因として疑われます。

 

ストレスも軽いものでしたら、上手に発散をすれば耳鳴りも次第に治まるかもしれませんが、放置はしないようにしてください。

またメニエール病や突発性難聴なども早期発見をして早期治療が大切になる病気です。

 

片耳だけの耳鳴りも要注意です。

 

めまいや難聴を伴う場合

耳鳴りが発生しており、それと同時に、めまいや難聴の症状もある場合も注意が必要です。

 

耳鳴りとめまいは、メニエール病である可能性が疑われます。

また難聴の症状があるにも関わらず適切な治療を行わないと、症状は悪化してしまうかもしれません。

 

これらの耳の病気は、早期発見と早期治療で改善が見込まれます。

そのまま放置しておくと、治ることや改善も期待が持てなくなってしまうかもしれません。

 

また、これらの耳の病気を治療することで、耳鳴りも改善される期待が持てます。

 

耳鳴りも不快ですが、難聴になり聴力が戻らないままでは、多くの不便も生じることになるでしょう。

 

耳鳴りを改善させるためにも、耳の病気を早く知り治すためにも、耳鳴りやその他の気になる症状がある場合は、耳鼻咽喉科を受診してください。

 

難聴など耳の病気は、発症してから早く治療することで聴力が戻るかどうかが決まるとも言われています。

自然治癒はしないと思って、早めに受診するようにしてください。

病気以外の耳鳴りの治療法

耳鳴りがしたら、まず病気を疑って受診をお勧めします。

しかし、一過性のものなど心配のいらない耳鳴りもありますので、過度に心配する必要がない場合もあります。

 

長い時間、耳鳴りが続いたり、長い期間、耳鳴りが続く場合などは早めに受診し検査を受けることをお勧めします。

 

さて、なんらかの病気から耳鳴りが起こる場合は、その病気を治療するわけですが、病気は治ったのに耳鳴りは続いていたり、特に病気は見付からないけれど耳鳴りが続く場合などの治療法について紹介します。

 

一般的に、心理療法と音響療法、TRTや薬物療法です。

 

心理療法とは

耳鳴りは、病気が原因で起こるばかりではなく、ストレスや精神的な緊張などによっても起こります。

 

イライラしている時やストレスを強く受けた時、ストレスを多く受けた時などに耳鳴りを強く感じる場合や、反対に楽しいことをしていたり、何かに集中している時には耳鳴りを感じない場合などは、精神的な緊張やストレスが原因で耳鳴りが起きていると考えられます。

 

このような時には、心理療法をオススメします。

 

心理療法の具体的な方法

耳鳴りの治療法である、心理療法の具体的な方法についてです。

医師や心理療法士の指導のもと、自律神経を整えたり、心理カウンセラーのカウンセリングを受けて、耳鳴りの原因となっているストレスや耳鳴りの不安などを減らしていく治療法です。

 

音響療法とは

耳鳴りは、静かな時に大きく聞こえてきませんか。

 

耳鳴りの多くは、静かなところでは大きく聞こえ、周りが賑やかなところでは小さく聞こえたり、或いは聞こえないものです。

 

そこで音楽療法を紹介します。

 

音楽療法の具体的な方法

耳鳴りは、静かな時ほど気になることが多いので、自然の音を聞いたり、穏やかな音楽を聴いて過ごすというものが音楽療法です。

 

大きな音を聞き続けることは、耳にとってよくありません。(障害が出てしまうかもしれません)

しかし静かすぎるのも耳鳴りが気になってしまいよくないので、静かな自然の音や穏やかな音楽を聴くことが自然で良いとされています。

 

しかし、そのような音では寝つきが悪いという場合などは、テレビをつけたまま寝ることを勧められることもあります。

 

TRTとは

慢性化した耳鳴りの場合、気持ちを他に反らして耳鳴りが気にならないようにするというものです。

 

TRTの具体的な方法

TRTは、カウンセリングと音楽療法の両方で構成されています。

 

最終的に、耳鳴りを脳が意識しないように順応させる治療法です。

 

効果が現れるまでに、早くて1~3か月くらい、その後、1~2年かけて十分な順応が得られると言われています。

 

治り方は、順調に改善されていくというより、良くなったり悪くなったりを繰り返しながら改善していくので、諦めずに根気よく治療を続けることが大切です。

 

薬物療法

耳鳴りの治療法で、薬物療法もあります。

 

内服薬と注射など、目的に合わせて使います。

 

薬物療法の具体的な方法

薬物療法では、内服薬で代謝改善剤や循環改善薬、ビタミンB12製剤などが使われることが多いです。

 

また注射では、筋弛緩剤や抗不安薬、抗鬱剤などを投与することがあります。

 

薬物療法では、耳鳴りを治す目的ではなく、対症療法という言い方が正しいかわかりませんが、耳鳴りで眠れない時には睡眠薬を使うこともあります。

このような薬は、医師の指示に従い、状況に応じた量をきちんと服用してください。

 

このように、耳鳴りの治療法は、色々ありますので、医師と相談し、自分に合う方法でじっとくりと治療に取り組むことが大切です。

ストレッチで耳鳴りを改善できる!?血流改善で簡単に耳鳴りとさようなら!

耳鳴りと筋肉の関係!ストレッチで改善できるのは血流が悪い場合

耳鳴りの原因は、不明な場合が多くあります。

しかし、不快な耳鳴り少しでも改善したいと思われることでしょうし、耳鳴りにお悩みの方も多くいることでしょう。

 

耳鳴りは、耳の病気が原因で起こることが多いですが、片耳だけの耳鳴りの場合は血流の悪化が原因の場合があります。

その場合、ストレッチをすることで、簡単に改善できてしまうこともあります。

 

ストレッチで耳鳴りが改善されるのは、筋肉の血流が悪い場合です。

続きを読む