耳鳴りの音とは?耳鳴りの音は様々な種類がある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

耳鳴りを経験したことがあるでしょうか。

 

耳鳴りと聞くと「キーン」というものを想像する方が多いかもしれませんが、「ジー」という蝉が鳴くような音や「ボー」という低い音の耳鳴りなどがあります。

 

日中など、色々な音の中で生活している時間帯は耳鳴りも気にならないかもしれませんが、夜など静かな場所や静かな時間帯などは特に気になるものではないでしょうか。

とても不快な耳鳴りですが、この耳鳴りに悩まされている方は日本人の10人に2.5人と言われている程です。

 

耳鳴りの音により、なんらかの病気などの予兆と申しますか、なんらかの病気が発症しており、そこから耳鳴りが発生していることも考えられます。

 

耳鳴りに気付きましたら、そのまま放置しないで、受診するようにしてください。

耳鳴りの音による病気の違い

冒頭で紹介しました耳鳴りの音は、1つではありません。

 

キーンという音やジーという音、そしてボーという音など、種類があり、これらの音により、なんらかの病気からの耳鳴りや難聴が原因のもの、更にストレスや睡眠不足などからの耳鳴りなど、耳鳴りの音により原因がわかる場合もあります。

 

高い音の場合

耳鳴りの「キーン」という高い音がする場合、それは老人性難聴や突発性難聴、自律神経失調症などが原因であることが多いです。

 

理由としまして、加齢とともに耳の機能は衰え、聴力が低下します。

すると聞こえにくくなった周波数の音が聞こえるようになるのです。

つまり、高い音を聞く聴力が低下することで、高い音の耳鳴りがするようになるのです。

 

このことから、高い音の耳鳴りは、老人性難聴が原因であると考えられますが、その他に突発性難聴や自律神経失調症でものこのような高い音の耳鳴りが聞こえてきます。

 

ストレスや睡眠不足の場合も、高い音の耳鳴りが聞こえてくることがありますが、その場合は一時的で、睡眠不足やストレスの緩和で耳鳴りも聞こえなくなるでしょう。

 

蝉の鳴くような音の場合

耳鳴りで、「ジー」という蝉の鳴くような音がする場合、それは突破性難聴が原因で起こることが多い耳鳴りといえます。

 

突発性難聴とは、原因不明の病気で、突然耳の聞こえが悪くなるというものです。

耳の聞こえが悪いと感じる場合、早く受診し適切な治療を受けることが大切になります。

 

突発性難聴は、悪化させると治療が難しくなる病気で、耳鳴りもひどくなるかもしれません。

少しでも早く受診をするようにしてください。

 

低い音の場合

耳鳴りで、「ボー」という低い音がする場合、それはメニエール病など、耳の病気が原因であることが考えられます。

メニエール病の他に、低音難聴の前兆であることも考えられますし、メニエール病も進行すると治療が難しくなる病気なので、低い音の耳鳴りが起こる場合も要注意です。

 

早めに受診し、適切な治療を受けてください。

 

耳鳴りは、その音も不快ですが、色々な病気なども隠れていることがあるので、耳鳴りが発生したら、耳の病気も疑い早めに耳鼻咽喉科または内科を受診してください。

早期発見と早期治療が耳の病気の進行を防げるかもしれませんし、耳鳴り改善にもつながります。

 

悪化させてしまうと治りにくくなる病気もありますし、耳鳴りも悪化してしまうかもしれません。

何事も早期発見と早期治療が大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る