ストレッチで耳鳴りを改善できる!?血流改善で簡単に耳鳴りとさようなら!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

耳鳴りと筋肉の関係!ストレッチで改善できるのは血流が悪い場合

耳鳴りの原因は、不明な場合が多くあります。

しかし、不快な耳鳴り少しでも改善したいと思われることでしょうし、耳鳴りにお悩みの方も多くいることでしょう。

 

耳鳴りは、耳の病気が原因で起こることが多いですが、片耳だけの耳鳴りの場合は血流の悪化が原因の場合があります。

その場合、ストレッチをすることで、簡単に改善できてしまうこともあります。

 

ストレッチで耳鳴りが改善されるのは、筋肉の血流が悪い場合です。

血流の悪さから耳鳴りが発生

例えば、肩や首、顎などの凝りにお悩みの方で、耳鳴りにも悩んでいるという方も少なくないと思います。

筋肉の血流の悪さが原因で、耳鳴りやめまい、頭痛なども引き起すと言われています。

 

耳鳴りやめまいという症状は、メニエール病の症状ととてもよく似ていますので注意が必要です。

耳鳴りやめまいが頻繁に起こる場合は、まず耳鼻咽喉科を受診し、耳の病気ではないことを確認しましょう。

診断を受けた上で、肩凝りや首の凝りなどを疑うようにすると手遅れにならずに済むので安心です。

 

耳鳴りを改善させるためのストレッチや日常生活での癖の改善

あなたに起こっている耳鳴りの原因が、耳の病気ではなく血流の悪さからということが確認できましたら、ストレッチや日常生活での癖を改善することで、耳鳴りも改善させる期待が持てます。

 

肩・首を左右や前後に動かすストレッチや湿布の活用

肩や首の凝りが原因で、耳鳴りが起こっている場合は、ストレッチや湿布を活用して凝りをほぐして血流を良くしてあげましょう。

 

両耳から耳鳴りがする場合は、両方の肩の凝りをほぐすことが大切になりますし、片方の耳のみから耳鳴りがする場合は、片方の肩のみ凝っているということも考えられますので、その場合は凝っている方の肩の凝りをほぐしてあげましょう。

 

ストレッチは、難しいものではなく、肩や首を前後左右に動かしてあげることや、廻すこと、更に湿布などを使って血流を改善するようにしてください。

回数は気づいた時に行うようにすると習慣化することが出来るようになります。

難しいやり方では無いので、時間が空いた時、気づいた時に肩や首を前後左右に動かしてあげましょう。

 

湿布で改善

肩凝りが原因で耳鳴りが起こる場合、湿布薬を使うのも効果的です。

湿布薬の使い方は、特別なものではなく、普段肩凝りがしている時の使い方と同様で良いのです。

凝っていて辛いところに湿布薬を貼ることで、血流がよくなり肩凝りが改善し耳鳴りも改善へと向かいます。

 

これらの方法で、簡単に耳鳴りも改善できる場合もあります。

 

日常生活の癖を改善!よく噛むようにしましょう

凝りは、肩や首だけではありません。

 

顎(アゴ)の筋肉が凝っている場合も耳鳴りが発生することがあります。

顎の筋肉の凝りは、自覚症状がない人が多いです。

一度、下の方法で確認することをオススメします。

 

コメカミ頬を指で押さえてみてください。

この時、痛みを感じるようであれば、顎の筋肉が凝っている(血流が悪い)ということになります。

顎の下や耳の下の筋肉も押してみて痛みがあれば、同様に顎の凝りがあるということです。

 

顎の凝りを解消するためには、凝っている部分を直接マッサージするのも良いですが、それ以上に良い改善方法があります。

 

それは、普段の食事の時に、よく噛むように習慣づけることです。

 

普段から、食事の際によく噛むようにするだけで、顎の筋肉の凝りは解消され、顎の筋肉の凝りが原因で耳鳴りが起きている場合も後に改善されていくと考えられます。

 

食事は両方の歯でしっかり噛みましょう!噛むことのメリット

普段、食事の時に片方の歯ばかりで噛んでいないでしょうか。

また、現代の食事は堅い食べ物が減っており、噛むことが減ってきています。

片方の歯ばかり使うとしても、昔に比べて歯は噛む動作をしなくなってきています。

 

片方だけでなく、両方の歯を使ってしっかり噛むことで、耳鳴りの改善だけでなく脳への刺激も増えるので、メリットが得られます。

 

脳の活性化につながる

食事の時にしっかり噛むと、脳が刺激され、活性化することがわかっています。

噛むことで脳が活性化する理由については、明確ではありません。

しかし噛めば噛むほど、脳が活性化することが実験でも明らかになっています。

噛むマネでは、このような効果は得られず、実際に噛むことで脳は活性化することも実証されています。

食事だけでは噛む機会が少ないと思われる方は、移動中や仕事中にガムやグミなど、噛みごたえのあるものを噛むようにしてみましょう。

 

耳鳴りは、耳の病気だけでなく血流が関係することもあるのです。

ストレッチや食事の時の習慣などを改善することで、耳鳴りの改善も期待が持てますので、思い当たる方は是非行ってみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る